酵素ってどんな食品に多く含まれているの?

酵素はどんな食品に多く含まれているの?

最近よく耳にする酵素という言葉ですが、これは人間が食べ物を分解するときや、生きるためのエネルギーを代謝するために働く成分の事です。

実は、自然界の食べ物にも酵素を含む食品はたくさんあるんですね。食事から酵素を摂取するには何を食べたら良いか、紹介したいと思います。

でんぷんを分解するアミラーゼは穀物や根菜に豊富

アミラーゼはデンプンやグリコーゲンなどの栄養を分解してくれる作用がある食物酵素です。デンプン豊富な穀類や芋などの根菜に多く配合されていて、消化吸収を助けてくれるんですね。

また、大根にも含まれるので、大根おろしと一緒にご飯を食べると消化に良くなるというメリットがあります。

麦や大豆などにも豊富なので、雑穀や大豆製品を積極的に食べるも良いですね。

タンパク質を分解するプロテアーゼも大切

あと、タンパク質を分解するプロテアーゼも大切な食物酵素です。パパイヤに含まれるパパインもプロテアーゼの一種で、お肉などと一緒に食べると消化を助けてくれるんですね。

ほかにも、プロテアーゼはパイナップルやキウイ、アボカドなど、南国のフルーツに豊富に含まれています。酢豚にパイナップルを入れると肉が柔らかくなるのは、このプロテアーゼのおかげなんですね。

脂質を分解するリパーゼ

次に、脂質の分解を進める酵素にリパーゼがあります。これは柑橘類やイチゴ、スイカ、アボカドなどに豊富に含まれています。

分解に負担がかかる高カロリーの脂肪を分解してくれるので、これもありがたい酵素ですね。脂っこい食べ物のお口直しにフルーツを選ぶのにはこんなメリットもあったんです。

酵素を増やすには酵母の力が大切

つまり、自然の食べ物にはいろんな酵素がたくさんなんですね。ここに酵母を加えて発酵させると、さらに酵素は増えていきます。

そうして酵素の量を増やしたのが、酵素ドリンクや生酵素サプリなんですね。

もし、酵素をしっかり摂取したいと考えているなら、サプリやドリンクだとコスパも良く手軽なので、検討してみても良いでしょう。

フルーツは値段が高く皮もむかなくてはいけませんし、カロリーも高い欠点があります。その点でも、健康食品で酵素を摂取するのは賢いやり方と言えますね。