ダイエットをする際に酵素と一緒に摂取した方が良い成分とは?

ダイエットをする際に酵素と一緒に摂取した方が良い成分とは?

最近ブームの酵素ダイエットですが、その仕組みは意外と知らなかったりしますよね。

実は酵素はタンパク質や脂質など食べ物を分解する力を持っていて、落ち込んだ代謝をケアして太りやすい体を脱出するダイエット法なんです。

なので、一緒に代謝ケア成分豊富な食べ物や、同じく代謝を助ける栄養素を一緒に摂ったほうが断然良いんです。

ここでは酵素と相性抜群のダイエットサポート成分や食べ物を紹介しますね。

酵素ダイエットする時一緒に食べたい食品とは?

まず、酵素ダイエットの鍵になるのが代謝をサポートする栄養素です。代表的なのが、タンパク質を分解して得られるアミノ酸、野菜や果物のビタミンですね。

なので、鶏胸肉やささみ、納豆や油揚げなど大豆製品でタンパク質をしっかり摂り、ビタミン豊富なみかんやオレンジなど柑橘類、ほうれん草やパプリカなど緑黄色野菜も添えるのが正解です。

つまり、バランスの良い食生活と聞いて思い浮かべるお肉、野菜、ご飯のバランスこそが酵素ダイエットを成功させる食事と言えます。

酵素の摂取は食後がベストタイミング

酵素ダイエットは酵素ドリンクや生酵素サプリを飲むだけではありますが、食物を分解して代謝を整えるメカニズムから、胃腸に食べ物が詰まった食後が理想のタイミングになります。

酵素摂取に選ぶなら、加熱で活性を失いがちな酵素ドリンクではなく、生酵素サプリが最も酵素が豊富なので、ぜひ食後に試してみて下さいね。

酵素ダイエットにプラスして効果を高める成分

酵素ダイエットにプラスして効果を高める成分

ただ、忙しい人だとタンパク質やビタミンに気を配った食事ができないこともありますよね。

そんな時は、ビタミンはサプリメントで、タンパク質はプロテインで摂取すれば良いんです。

女性だと大豆プロテインに含まれるイソフラボンが内臓脂肪の燃焼を助けるので、選ぶならソイプロテインが最適ですね。

あと、選ぶならビタミンB群とビタミンCのサプリが良いでしょう。これは体内にある代謝酵素が働くために必須の栄養なので、サプリを飲むだけでも落ち込んだ代謝には有効なんです。

ビタミンCは肌の潤いやハリ、美白などに良いですし、ビタミンBもニキビや脂性肌対策に適しています。

ダイエットと美肌両方に有効な成分なので、ビタミンはしっかり摂取したいですね。

乳酸菌や麹菌など菌活と酵素は相性二重丸

他にも、直接酵素をパワーアップするよりも似た効果を持つもの同士相乗効果が期待できるのが乳酸菌や麹菌です。

乳酸菌は腸内環境を整えて鈍った内臓の代謝をケアしたり、便秘を解消して余分な腸の水分を追い出してむくみや冷え、水太りを軽くする力があります。

そして、麹菌も酵素を生み出す菌で代謝を助けますし、糖質や脂質を太りにくい物質に分解する食べ過ぎカット作用が期待できます。

酵素、乳酸菌、麹菌のトライアングル相乗効果で、より太りにくい体が目指せるんですね。

おすすめ成分がすべて入ってるのは生酵素サプリ

このように、酵素ダイエットはあれこれ追加する事で効果が高まるんですね。

でも、この成分すべてを自分で揃えるのはとっても大変です。その手間を省くなら、植物発酵エキスの酵素とビタミン、乳酸菌や麹菌の粉末配合の生酵素サプリが1番簡単です。

飲むだけで落ち込んで太りやすくなっている体をケアしてくれるので、冷えや便秘、なんとなくダルい感じなど代謝が落ちている体感がある人は試してみると良いんですね。

スマホから1,000円以下で買えるものもあるので、気になるなら試してみるのもひとつですよ。